第7回アンケート メモ

まったく予定通りに進みませんでしたww ファッキン!
第7回アンケート 「石化が進行する速度はどの程度が好みですか?」 のメモです。参考用。
石化速度に関するポイント
・被害者のポーズ(動的か、静的か)
・被害者のリアクション(思考、言葉、表情、身振り)
・被害者の認識(違和感、理解度)
・加害者の意志の介入(目的、狙い、自由度)
・全てが同一の状況であっても、速度の違いによって結果は異なる
一瞬
・動的なポーズをそのままに保存が可能(走る、剣振り、キックetc)
・静的なポーズをそのまま保存が可能(日常性)
・発動から完了までが一瞬であるため、被害者が違和感を感じる間がない可能性が高い
・躍動感をだせる=ダイナミック
・一瞬を切り取れる=感情の濃度、存在感の密度
・予測は可能か
・たとえばキック石化なら、徐々にでは「勢い」まで保存することはできないが、一瞬なら流れる髪、バランスの崩れた体、筋肉の強張りなどそのまま保存が可能
・動作にともなう筋肉の刹那的な緊張をそのままのこせる。貴重
・凝縮された生命、一瞬の輝き
・動作途中=完了できない
・本人は「何かをしている」つもりでも、実際はずーっと行動の途中で固定されてしまっている
・自覚がないことによる哀れさの発生
・動作に勢いがあるなら、石化完了と同時に大きくバランスは崩れる
・バランスが悪ければこける
・こければ欠ける
・まったく情報がない→ありのまま
・事前情報アリ→防ごうとする
・気づかれることなく、日常をそのまま保存可能
・隠匿性の高さ。気づかれにくいことのいやらしさ
・行動を抑制しない、途中の行動のままで停止するため
・アクションは本来、始動から完了するまでに、急激な停止は不可能である
・本来切り取ることのできない一瞬を保存できる
・被害者の意志でポーズを決められることは稀
・一瞬で終わるなら、周りに第三者がいない場合、石化犯行の証拠が残りづらいといえる
・分かっていてもいなくても、対応がしづらい
徐々に
・石化の進行とともに行動に制限がかかるため、動的なポーズの保存はむずかしい
・ポーズに関しては体の各部で「ちぐはぐ」になる可能性が高い
・加害者はポーズを調節可能
・時間をかけて石化することができる
・石化に対するリアクションをみれる
・石化前と石化中とのキャラクターのギャップ
・石化開始直後と石化完了間際のキャラクターのギャップ
・被害者が石化後の姿を想像できるほど時間的余裕がある
・スピードがのろいため、バランスは保たれる傾向に
・被害者が石化という現象を認識できる程度の時間的余裕はありそう
・何が起きているのか理解できた場合
・何が起きているのか理解できない場合
・徐々に動きは緩慢になる。目の前で静物にかわりつつある少女
・鑑賞性の高さ。加害者の欲求をみたすか?
・発動から完了までにタイムラグが発生するため、手を打たれる可能性も
・被害者は仲間に支援をもとめれる。それを利用
・石化部の感覚の変化
・石化に付加効果をつけた場合、有効に働く
・おいつめられる
・ギリギリになって解放される生への欲求の叫び
・時間がかかるため、石化犯行の証拠は残りやすい
・一瞬に比べ、加害者の有する自由度の高さ
・「~したい」を実現可能
・加害者はよりフェティッシュな欲求を叶えられる
任意
・一瞬と徐々にのいいとこどり
・時と場合で使い分けができる
・緩急をつけられる
・高スピード→低スピード。または逆も可能
・ゆさぶりをかけられる
・飴と鞭で被害者調教
・一定部分で石化をとめることができる
・希望をもたせて絶望にたたきおとす
・加害者の意図を反映させられる
・もっとも自由度は高い
・一瞬と徐々には発動後にオートで進行するが、任意はマニュアル操作
・加害者がへたれなら、逆に石化をミスる可能性も?
・選択肢が多いぶん迷いも多くなるかも
・いくらでも時間をかけることが可能なため、被害者は精神的にも肉体的にも超大変
・一部石化で放置→外道
・好きなポーズの調整が一番しやすい

  • 牧師

    ご無沙汰しております 去年の十二月頃にチャットで話してました、
    白い館の続編、ようやく投稿させて頂きました。
    鏡花と怪盗シルク(本人は義賊のつもり)の話、いかがだったでしょうか?
    挿絵を楽しみにまってます。

  • カモノハシ

    牧師さんお久しぶりです!
    鏡花さまコレクションの存在。
    今作ではそちらが濃く描写されたわけですが、妄想を刺激するフレーズの数々に始終萌えさせていただきましたw
    前作の春香さんと同様に、あっという間にシルクちゃんを手篭めにする手腕。鏡花さまが元は巫女さんだったなんて信じられませんね(笑)
    感想は改めて、今週末に書かせていただきますよー。
    いつも素晴らしい文章の投稿ありがとうございます!

« »