日常の混沌さん作 : 美人の秘訣 (3)

3  ――ピンポーン  電子音が屋内から響いてくる。そして、 『は~い、何の御用でしょうか~』  あの日と同じ声。  ここを訪れたのは、あの日以来だった。 「お久しぶりね~。変わらなく可愛いわよぉ」  私は、あのときと同…