日常の混沌さん作 : 美人の秘訣番外編 ~すれ違う心~ (2)

2 「無様だな……」  夜の街の道端に、ゴミのように転がりながら呟く。  道を歩いているとき、肩がぶつかった。  因縁をつけられたから、殴った。  仲間がぞろぞろ出てきた。 「本当に、無様だ……」  天を仰ぐと、くぐもっ…